兵庫県立大学公開セミナー「防災アプリを活用するBCP」((2017/12/8開催)

防災アプリ:ハザードチェッカー (平成29年度国土地理院 防災アプリ賞受賞)

 

災害時に、安全確認と安否確認ができる、企業だけなく家族や学校や地域                でも役立つ防災アプリの活用

 

従業員およびその家族の災害時の安全確保と安否確認は、企業のBCP(事業継続計画)の根幹の一つを成す必須

項目となっています。本セミナーでは、スマホ用防災アプリ(ハザードチェッカー)を活用して、企業はもとより、学校や

地域(自主防災組織や自治会など)でも適用可能な、①平時の防災教育,②災害時の安全性確認,③避難が必要な

場合の避難の支援,④家族や職場・通学先等への安危連絡、⑤職場や学校での安否確認作業の支援,がどのように

行えるかを、実際に防災アプリを使いながら紹介いたします。

企業だけでなく、家屋や学校や地域(自主防災組織や自治会など)でも役立つセミナーです。

 

日 時: 平成29年12月8日(金)14時~16時(受付13時30分~)

場  所: あかし市民図書館 研修室

(パピオスあかし4階  JR/山陽 明石駅駅下車、南へ徒歩2分)

講 師: 兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 教授 有馬 昌宏 氏

受講料: 無料

定 員: 30名(先着順受付)

主 催: 兵庫県立大学 ・  明石市産業振興財団

申込方法:案内チラシの申込書にご記入の上FAXいただくか又は、下のフォームからお申込みください。

問合せ先: 明石市産業振興財団

電話(078)936-7917 FAX(078)936-7916 ※月曜休


【お申込みフォーム】

ご芳名
フリガナ
勤務先等
役職
メールアドレス
電話番号
FAX
都道府県
住所
メッセージ