情報活用セミナー『統計情報の基礎』開催(2015/2/7)

 経済記事に強くなる

『統計情報の基礎』

 

地域経済統計の見方・使い方 ~兵庫県の事例から~

 

 統計は、私たちのビジネスや仕事、暮らしの身近なところで合理的な意思決定のツールとして活用されています。

また、現在の社会の状況をあらわすとともに、統計からこれからの社会を予測することができます。

今回は特に“日本の縮図”といわれる兵庫県の事例をもとに、地域経済統計の

見方・使い方や利用上の留意点等をわかりやすくご紹介します。ご案内PDF20150207jyouhoutoukei

 

■日時:2015年2月7日(土)13:30~16:30

■会場:明石市立産業交流センター 4F 研修室2

■内容:

「統計情報の基礎」地域経済統計の見方・使い方~兵庫県の事例から~

 1 統計データの見方と利用

 2 統計用語の見方、使い方

 3 兵庫県作成の主な経済統計

 4 地域経済統計の利用と留意点

※内容は変更する場合があります。

■講師

芦谷 恒憲 (あしや つねのり)氏

 兵庫県企画県民部統計課参事(政策統計担当)兼ビジョン課参事(政策分析担当)

 兵庫県立大学政策科学研究所客員研究員

 神戸大学大学院経済学研究科非常勤講師・客員研究員

 専門分野 地域経済統計/地域経済計算/地域産業連関分析※内容は変更する場合があります

主 催:明石市・一般財団法人明石市産業振興財団

対 象:経営者、ビジネスパーソン、一般社会人、ほか

定 員:20名 ※申込状況により開催を中止することがあります。

参加費:無料

申 込:(一財)明石市産業振興財団 企業支援係 ※月曜休

      Tel.078-936-7917  Fax.078-936-7916

      申込用紙にご記入の上FAXいただくか、下のフォームからお申込みいただけます。

ご案内PDF:20150207jyouhoutoukei

【お申込みフォーム】

ご芳名
フリガナ
勤務先等
役職
メールアドレス
電話番号
FAX
都道府県
住所
メッセージ